あげくだの登録がなんで他のサイトに比べて厳しいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あげくだは、他のルジサイトに比べて、入会審査があるし、投稿やレスつけ(投稿者に対しての返事や応募投稿)にはゲッコというサイト内通貨が必用だし、面倒だという会員も居らっしゃいますし、それが面倒なため、他のサイトへ流れる会員もいらっしゃいます。

それはそれでしかたのないことなのですが、ではなぜ、あげくだがこんな面倒なことを会員に要求しているのかをここで説明させていただきます。

入会登録で、フリーメールが使えない件
あげくだサイトは、過去にもいくつかありました。しかしそれらは誕生後数年で姿を消していったのです。
理由は簡単です。会員間のやりとりでいくつかの問題が発生し、そのトラブルが大きくなって主宰者が苦労の割にメリットがないと判断したからです。

詐欺まがい事件(高価な商品を無料で提供すると偽り、数千円程度の運賃を前払いさせる。もちろん詐欺ですが、少額のために訴える人が少ないのと、加害者の特定が、フリーメールのためできない)
いやがらせ事件(上げます投稿に応募したのに選ばれなかった人が、執拗にいらがらせメールを送り付ける。注意しても繰り返すため、資格停止にしても別のアドレスと虚偽住所で登録し、嫌がらせを送りつける)
虚偽の情報提供事件(事務局の方針が気に入らない・注意されたという会員が、特定会員の悪口や事務局の悪口を、相手構わず送りつける)
このような事件が多発したため、多くのサイトは撤退していったのです。もちろん類似事件はあげくだでも一部発生しました。

なんで投稿にゲッコなるものが必要なのかの件
過去にはゲッコなんてなしで投稿や、レスをいくらでも付けられたのです。しかしある時、なんでもください会員が現れました。この会員は、値段の高そうなものをもらっては、それを販売していたのです。
◯フーオークション事件あげくだでもらった商品を、提供者のアップした写真込みで、オークションで転売していた会員が発生したのです。この怪異はもらったら、引き取りに行かず、販売条件に引き取りを指定して、あげくだ会員の自宅に引き取りに行かせていました。ひどい時には毎週の上げます投稿のほぼ全てにください応募を出していました。あげくだは、モノを断捨離するためのサイトという側面も確かにありますが、一方では思い出の詰まった商品を、捨てたり売ったりするよりは、新しいご家庭で再活躍してほしいという提供側の気持ちがあります。
そんな気持ちをむしして、もらえるものはなんでももらおうという会員に制限をかけるには、毎日訪問しても、週に3回前後しかくださいレスを浸けられないというブレーキをつくろうと考えたからです。
ぎゃくにあげます会員は、投稿してもくださいの応募レスがつけば、レスの数によってゲッコは還元されましし、増加します。つまりあげます会員にはゲッコは自然と貯まるのですが、くださいばっかり会員はゲッコが足りなくて、くださいを連発できないというふうに工夫してあるのです。

なんで物々交換できないのかの件
あげますやくださいは、目の前にあるものの価値が全てです。しかし物々交換の場合、相手のくれる商品と自分の提供する商品とが同時に存在します。過去にあった事件では、某電話会社のいぬのぬいぐるみと、自転車のライトを交換するという事件がありました。
お父さん犬のぬいぐるみと交換した自転車用のライトは、メーカーのサイトから写真をコピーしたもので、もちろん新品商品。しかし送ってきたライトは水に浸かってm内部はサビだらけの機体内中古品でした。当然お父さん犬のぬいぐるみ会員は、取引停止でぬいぐるみ返却を求めます。しかし、相手は確信犯ですから返却には応じません。
事務局も仲裁に動いたのですが、逆に事務局を脅したり、相手に脅迫めいたメールを出したり、さらには◯ちゃんえるという投稿サイトに、ぬいぐるみ提供者と事務局が悪いかのような投稿を始める始末。
根気よく対応した結果、騙した方のメッキが剥げてきて、パワーユーザが匿名の会員なのに住所や氏名を探りだして、晒すなど大騒ぎになりました。
結局は、相手の提供するものと、自分が提供するものに価値的戸田たらいがある場合、強権的な言動が出たり取引キャンセル(商品交換後)が発生したり、価値の差額請求など、トラブルの発生が多かったからです。物々交換サイト(わらしべサイト)は、多くの場合、このようなトラブルで閉鎖されるのです。

未成年の会員登録を禁止している件
上記のトラブルは、調べてみたら大阪の高校に通う未成年でした。あげくだ取引を親も知らない間にやっていたのです。
本人にはトラブっても未成年だから許されるという甘い考えがあったようです。
過去には時折、日本語の用法も無視したかのような失礼なメールを出してくる会員がいました。調べてみると未成年でした。いまでもたまに15歳とか10歳であげくだ会員に申し込んでくる児童が存在します。
また不良少年がバイクや万引きした書籍を販売するために、自分を特定しにくいサイトで販売しているという話を聞きます。あげくだではそのような犯罪に加担することはできませんし、顔の見えない相手に非常識なメールを送り付ける、精神年齢も実年齢も低い、自分の言動に社会的責任を果たせない会員は不必要だと考えているからです。
ただし、20歳未満でも独立し立派に社会人として、暮らしている方も存在することは認めます。(そのような方から、クレームが付くこともあります)一方でいい年した大人が、詐欺まがいのことを平然と行っているのも事実です。
多くの登録会員は善良な人が大半です。しかし、良い会員と悪い会員を見分けることができないので、未成年者を排除し、会員履歴を記録し、3ストライクアウトなどの対処方法になっているのです。
一部の方には申し訳ないと思っています。

 

 



 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る