新人が注意すべき箇所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

タイトル
あげくだ入会されたての皆様、ご入会おありがとうございます。入会後、初めての取引をされる前に、あげくだにはどんな会員さんがいるのか、気になることだと思います。意地悪されないか、トラブルはないか、失礼なことしたらどうしようとか、色々ご不安な麺も覆いと思います。そこで、まず最初に行っていただく作業として、会員情報の読み解き方を、お教えいたします。

以下を参考に、あげくだを上手に泳いでください。

 

会員情報

 8番は重要ですこの欄はいわば、相手に向けて私書箱ではなく、公開情報として掲載出来ます。
相手の連絡帳に貴方が記載すれば、貴方の連絡帳と、相手の連絡帳に同じ内容の記事が投稿されます。
従って、この会員に私書箱で幾ら連絡しても知らないふりをしているとか、あるいは連絡自体を、他の会員にも公開して、衆人環視のもと取引を行う必要がある場合など、注意を要する場合にはこちらを利用します。もちろん取引前の質問などをここでやり取りしたり、知り合い会員に時候の挨拶をするなどにも使えます。初めて取引をする会員の開示情報をチェックするのは当然ですが、この部分も必ずチェックするようにしてください。

この部分にネガティブな書き込みある会員との取引は要注意なのです。

まず興味を覚える投稿を発見したら、左図にある、Aのところ青文字の投稿者名をクリックしてください。そうすると、会員情報の頁にジャンプします。左の下段のような頁が表示されます。

実際にはこの情報の左側にも、いろいろな情報が並んでいますが、まずは会員情報の読み方は、覚えておきましょう。

ここに書かれているHN(ハンドルネーム)はあくまで 、あげくだ上での便げ的に使用されているものですから、本名とは全く関係の無い人もたくさんいます。

また、おなじHNの会員も結構いますので、投稿されていた名前が同じでも、念の為に、会員番号などを確かめて、同じ人かどうかを確かめましょう。

王冠マークが付いている人は、あげくだでもベテランにあたります。
つまり過去に沢山の会員と取引をしたことがある証です。最初の取引が、こんなマークのある人とできたら、色々と教えてもらえるので、ラッキーです。

この部分が未記入の会員は、パスしましょう。どんな人と取引するかを選ぶのも、会員の自由です。初心者は相手の顔が見えない人との取引は避けたほうが無難です。(事務局では、定期的に会員情報は書くようにお願いしていますが、それでも書いてくださらない会員は、やはり問題だと思います)

メダルには、あげますメダル、訪問メダル、紹介メダル、注目取引メダルなどがあります。
メダルの色は、銅、銀、金、プラチナで、それぞれ10枚集めると、上位のメダルに自動交換されます。したがって、銀メダルは、銅メダル10枚と同価値、金メダルは銀メダル10枚と同価値、プラチナメダルは金メダル10枚と同価値になり、金メダルは銅メダル100枚と同価値になります。つまり、あげます金メダルを持っておりという会員は、過去に100もの商品を、あげくだで提供したということになり、訪問メダルでは、実に100週間、毎日連続であげくだにとグインしたということになるのです。
訪問メダルは、コツコツ揚句だ訪問すれば、誰でももらえますが、紹介メダルは新規会員を紹介しないとおもらえませんし、注目メダルはユニークな商品などを提供しないともらえません。いずれにせよメダル保有枚数が多くて、なおかつ金や銀メダル保有者は、それだけでパワーユーザーということができそうです。

このカードは都道府県カードといって、正規取引さえ行えば、取引終了後に揚句だ双方の会員に対して、発行されるものです。色の付いていないカードは、取引をしたことがない都道府県を現しており、カードの下に書かれている数字は、その都道府県にいる怪異との、取引の回数を表しています。

先のあげますメダルの数が多い会員で、都道府県カードの枚数が多い人は、多くの地域の会員に物品を提供しているという証です。

一方、あげますメダルがなくて、取引カードが多い人は、もらったことは多いけれど、上げたことはない会員ということができます。

ここには称号や、入会期間が記入されます。長い人は10年、短い人では数日の人までいます。あなたが入会直後であれば、当然●日と書かれているはずです。

加入後短期間でたくさんの取引カードやメダルを持っている会員は、短期集中で取引を行った方です。2年以上かけてゆっくりと取引されてきた会員もいますが、ここは取引初心者のあなたよりも、経験の長い会員を最初は選ぶのが良いかもしれません。

最後のこの部分は実は一番重要です。

例えば、トレードカードの枚数が多い割には、投稿履歴が残っていない会員がいます。この方は、ではどうして入手したのでしょう。簡単に言うと、自分自身ではください投稿やあげます投稿せずに、他人のあげます投稿に、レス(返事で応募する)投稿をつけて、商品をもらった会員だと言えます。つまり自分のほしい物を具体的に投稿ぜず、あげくだを見て欲しいものがあれば、くださいと手を上げてばかりいた会員ということが明るのです。

(ただし、ください投稿に対して、あげますレスをされても、あげますメダルはもらえません。よって、一見クレクレメンバーに見える場合があります。そこで現在、そのような、極めて善良な会員には、あげます投稿をされるか、ください投稿に反応せず、くださいを発見した時点で、同様のあげます投稿を行い、レスで、あげますに誘導するよう、お願いしています)

 

赤や黄色の札が多い人はアゲますや売りますで、商品を出品したことがある人です。

みどりや青の札多い人は、くださいや買います投稿の多い人です。一番困る会員は、ください投稿の青色札と、売りますの黄色い札ばかり並ぶ会員。
つまり人には自分のものを売るくせに、人からはもらうだけの会員ということが言えます。(br)上げるにしてももらうにしても、気持ちの良取引を行うために、会員の公開情報は、たいへん役立つものです。試しに王冠ランキング10位までの人と、無冠の人とを比べてみて、どちらの人と取引したくなるかを考えて見れば、よくわかると思います。

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る