あげくだ事務局では可能な限り、会員間の取引には介在しません。
それは会員間取引は基本的には自己責任という原則を踏襲しているからです。

しかしそれでも1000回に1回程度トラブルは発生します。

トラブルの原因は様々ですが、メールの表現力に差があったり、顔の見えない相手との取引ですから
これは当然のことでしょう。

とはいえ、犯罪スレスレの場合や、取引に関してあまりにも問題が多い場合、その会員カルテ(総ての会員に準備されています)にトラブル情報を記載します。

加害者側としての情報記載が3つに達した場合、会員の資格停止を行います。

これがいわゆる3ストライクアウト制度です。

2014年1月より
脅迫・嫌がらせ・一方的な取引キャンセルなどは、2ストライクアウト制と致します。